ジャニオタの日常。

ジャニオタの日常、ぼやき。関ジャニ∞とSexy Zoneが好き。

ド新規セクゾファンのぼやき。

せっかく好きになったので。文字に残しておきましょう。こんなにも好き!という時期は今しかないかもしれないので。
 
前置きをしておくと、わたしは関ジャニ∞の大ファンで、かれこれ今年でファン歴10年を迎えました。もちろん今大好きなのでいわゆる掛け持ちと言われるのかもしれない。
 
関ジャニ∞を10年応援し続け、11年目に突入という今、なぜセクシーゾーンにどハマりしたのか。
 
ジャニオタあるあるかもしれませんが、ひとつのグループが好きだと他の応援していないグループの情報もなんとなく入ってきませんか?

 

そんな感じで関ジャニ∞が好きだった10年間で時々セクシーゾーンの情報は耳に入ってきてました。もちろんデビューしたときもしっかり知っていました。だってね、あまりにもみんなが小さいんだもの。しかもインパクトのあるグループ名に曲。「ジャニーさん、これ大丈夫なの・・・?」と思いました。そして某音楽番組で初登場をした彼らを見て「この小僧たちは歌詞の意味わかってないでただただ歌っているだけなんだろうな」と思いました。
 
友達に「Mildも地球の裏側じゃWildになるよって歌詞やばくね!?」とこの歌詞の「整いました!」感を冷やかし気味に話した記憶があります。
 
それでもまったく興味はありませんでした。なぜならわたしは関ジャニ∞のファンですから。ジャニーズは関ジャニ∞だけでいいと思っていたのです。
 
原宿で宣伝の大きな車を見ても「なんだこの芋たちは!絶対好きにならんわ!」とディスっていました。
 
と言いながらもけんてぃだけは知っていました。ファンとまではいきませんでしたが普通にタイプでした。握手会の神対応も知っていたのでそういうところも含めてけんてぃだけは存じ上げておりました。他のメンバーは知りませんでした。勝利くんのことをけんてぃの弟と思っていたレベルです。顔の系統似てますよね?
 
そして曲も知っていました。音楽番組で見たり聞いたりしてサビは知ってるという曲が数曲ありました。
 
そんなこんなで2016年の秋。ふと目に入ったセクシーゾーンの動画。見てみると爆発的に面白くて「なんだなんだ!?セクシーゾーンってこんな愉快な子達なの!?」と思い彼らの番組やラジオを聞いているうちに「あれ・・・はまってるじゃん!!!」と。

 

番組を見て「あ、この子はふうまくんって言うんだ。面白い子だな。勝利くんはけんてぃの弟じゃないんだ。松島くん?あ、この子一番芋臭かった子か!めっちゃ素直で可愛いな。マリウスは知ってる!けどこんないじられキャラなの!?」とけんてぃ以外のメンバーも少しずつ知っていきました。

そして5人になったり3人になったり、グループ内格差が露骨だったことを知りました。つい一年前に5人として正式に再出発をしたことに驚きました。わたしはずっと5人で活動しているものかと思っていたので。

 

わたしがヘラヘラ関ジャニ∞を応援している間に、わたしよりも歳下の少年たちが悩み苦しみ前に進んでいたのです。まだお酒の楽しさも夜遊びの開放感も知らないような子達が。お酒で暴れてゲロ吐いて記憶を無くす失態をしていないような子達が。不安と戦っていたなんて・・・。

そんなことを毎日思っていたら「応援したい」という気持ちになるには時間は必要なかったってわけです。

 

とりあえず、メンバー全員がハタチになるまではやんわりとした気持ちがで見守ります。強烈な追っかけにはなりません!正直、セクシーゾーンのファンって若い子が多いでしょ?キャピキャピの子達。自分の苗字を好きなメンバーの苗字で名乗っちゃうような。ツイッターで「あなただけ・・・❤️」みたいな文章に、好きなメンバーの体の一部をぼかしてアイコンにしちゃうような。バリバリに盛られたプリクラの自分の隣に好きなメンバーを合成しちゃうような。知ってるんだ、わたしも同じ道を歩んできたから。
 
 この年齢になると若い女の子が怖いんです。「ババアは引っ込んでな!」と言われそうで怖いんです。だから強烈な追っかけにはなりません。

 

関ジャニ∞を応援している間に聞いたこともない言葉がたくさんできていました。一番「なんじゃそりゃ」と思った言葉がシンメでした。これってジャニーさんに「Youたち今日からシンメだよ」と言われているのでしょうか。まだまだ勉強しなきゃいけない部分が多くて忙しいです!曲もまだまだ知りません。振り付けも。これからなんとなく勉強していきます。

 

5周年を迎えた彼らをこれからも陰ながら応援します。でも第一は関ジャニ∞さん。ツアースタートも目前ですからね!

 

ド新規ファンのぼやきは以上です。
今後もボソボソとぼやきます。